• トップ /
  • マンション契約更新をするときは

LINEで送る

マンションの契約更新時の保証人

マンション

マンションの契約更新の際には、契約更新をしたとしても、保証人が新たに署名捺印をしなくても良い場合と契約更新をしたら、新たにお願いしなければいけない場合の二通りがあります。マンションの契約更新の際、どちらなのかわからないという場合には、保証人引受承諾書に署名したかを確認してみた際には、借主が更新しても引き続き保証人を承諾しますという文面が入っている場合は、更新時に確認をしなくても継続されることになります。ただし、保証人引受承諾書があったとしても何年も確認を怠った場合は、賃料不払いなどの場合、裁判になったら、貸主に不利な判決が下りることも考えられるので、マンションの管理業者は、意思確認をした方が良いと考えられます。借りたマンションによっては、新たに承諾書に記入してもらうように書類を送付するところもあります。そのため、事前に入居人が連絡をしていないと、保証人の方が戸惑ってしまう場合があるため、事前に伝えておくことが大切です。マンションの契約更新の際には、しっかりと、どのような内容になっているかを確認して、事前にやらなければいけないことを確認しておかないと、思わぬトラブルに見舞われる可能性もあるので注意が必要です。

 

↑PAGE TOP